歯科用CT|星デンタルクリニック 栃木県鹿沼市 やさしい歯医

星歯科用CT

CTスキャンによる診査診断

的確な診査、診断でより安心、安全な歯科治療を提供したい

歯科用CT 一般的に歯科で使用されているデジタルレントゲン(オルソパントモグラフィー)は、2次元撮影(2D:平面)ですが、CTスキャンは立体的な3次元撮影(3D)が可能です。

今までは3次元的な立体構造体である顎の骨や歯の形体を2次元で診査することしかできませんでした。CTスキャンでは、3次元、等大で再現できるため実態にあった画像を撮影できます。

そのため従来の方法でははっきりと把握できなかった歯周病、根の治療、あごの骨の形態および欠損した状態を正確に把握することができます。また、歯科用CTはX線線量が低いため医療被ばくが非常に低く抑えられるのが特徴です。

特に最近ではインプラント治療におけるCT診査はより安全に安心に行うために特に望まれるべきものとの判断がなされるようになってきております。

ただ残念ながら、栃木県でも導入されている歯科医院が非常に少ないのが現状です。
当院では、患者さまの安全と的確な診断治療を行うため歯科用CTを導入しております。

当院の歯科用CT トロフィーパンプロセレクト

1台で「パノラマ」と「3D」撮影が可能なエックス線CT診断装置です。

診療内容に応じて、7種類の3D撮影領域を選択可能

歯科用CT

多数歯インプラント、歯周病など、全顎や片顎の診断に有効です。
少数歯インプラント、歯内療法、埋伏智歯の抜歯など、局所的な診断に有効です。

高速撮影で最短12秒

長い時間同じ姿勢を維持できない子供や、年配の方でも、より正確な画像を得ることができます。

パノラマ撮影

歯科用CT 従来のレントゲン写真撮影では上記の写真のような写り方となります。

おおよそで口腔内の状態の把握には便利ですが、特に奥歯付近の画像は伸びて撮影されるため、顎の中を走行する太い神経や動脈までの距離を正確に測定することは出来ません。

また、平面的に写るので顎の横幅や形態をみることも出来ません。

5×5cm範囲での撮影

歯科用CT 5×5cmの範囲で様々な方向から顎骨内の確認を行うことができます。

また、従来のパノラマレントゲン写真よりも正確な距離の測定が行えます。

このような画像にて術前診査を行うことによって、安全な口腔外科手術(インプラント治療や埋伏歯の抜歯など)を行えるようになります。

10×5cm範囲での撮影

歯科用CT 10x5cmの範囲での撮影はより広範囲での顎骨形態の確認が行えるので、埋入本数の多いインプラント治療での診査・診断に必要なものとなりつつあります。

また、重度の歯周病の診査・複数の歯根をもった歯の根管治療など、口腔外科治療以外にも役立ちます。

  • 星デンタルクリニック、tel:0289-63-4182
  • お問い合わせ・各種相談会