インプラント|星デンタルクリニック 栃木県鹿沼市 やさしい歯医

MENU

診療メニュー

インプラント

インプラント インプラントとは、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、そこに人工の歯を装着することで、天然歯とほぼ同等の状態を回復する治療法のことです。

人工歯根が顎の骨と一体化するため、入れ歯のように咬むと痛みが出たり、不安定な状態になることはありません。また、ブリッジのように隣の歯を削る必要もありません。

従来の入れ歯やブリッジとは違って、違和感や不快感に悩まされることがなく、しっかりと噛むことができ、自然で美しい「歯」を手に入れることができます。

人工歯根には、生体親和性に優れた金属である純チタンが使用されます。チタンは人体への親和性が高く、整形外科領域では人工関節に、また心臓のペースメーカ等にも使われている材料です。チタンは、金属でありながら、骨と直接、結合する特性を持っています。また、チタンは金属アレルギーの報告がない材料としても知られています。

取り付ける人工の歯も、他の歯との噛み合わせやバランス等を考慮した、精密で機能的な歯を作ります。
インプラントは、機能的にも見た目にも、自然で美しい口元を手に入れることができる治療法なのです。

従来の治療法とインプラント治療法との比較

従来の治療法とインプラント治療法との比較

当医院でのインプラント素材について

インプラント 当医院では、京セラ社と神戸製鋼との共同会社である京セラPOIのものを使用しております。

インプラントは生体材料に求められる生体内安定性の向上を目的に、陽極酸化処理によって表面に1,350~1,400Aの酸化層を施しました。

これにより、チタンイオンの溶出防止、親水性の向上、口腔内での審美的な調和などの優れた特性を持っています。

チタンイオンの溶出防止

インプラント

インプラント治療料金表

基本料金

種類 価格(税別)
インプラント体(京セラ社製)1本+上部構造(オールセラミック)+ジルコニアアバットメント 430,000円+消費税
(1本)
インプラント体(京セラ社製)1本+上部構造(メタル付セラミック)+既製品アバットメント 380,000円+消費税
(1本)
インプラント体(京セラ社製)1本+上部構造(メタル付ハイブリッド)+既製品アバットメント 330,000円+消費税
(1本)
インプラント体(京セラ社製)1本+上部構造(金属冠)+既製品アバットメント 300,000円+消費税
(1本)

追加料金(オプション)

種類 価格(税別)
サイナスリフト(上顎臼歯部の大幅な造骨処置) 200,000円+消費税
(片側)
ソケットリフト(上顎臼歯部の4mm以内の造骨処置) 50,000円+消費税
(1ヵ所)
スプリットクレスト(狭い骨幅を改善する処置) 50,000円+消費税
(1ヵ所)
GBR(骨補填材を使用して骨幅を増やす処置) 50,000円+消費税
(1ヵ所)
抜歯即時埋入(抜歯と同時にインプラントの埋入を行う場合) 30,000円+消費税
(1ヵ所)
FGG(遊離歯肉移植術) 30,000円+消費税
(1ヵ所)
カスタムアバットメント(より歯肉の形態にあわせた土台) 20,000円+消費税
(1ヵ所)
テンポラリークラウン(土台付の仮歯) 20,000円+消費税
(1ヵ所)
テンポラリークラウン(土台無しの仮歯) 3,000円+消費税
(1本)
CT画像解析(より安全に治療を行うために、CTを撮影し治療計画の立案を行う場合) 10,000円+消費税
(片顎)
ガイド作製 30,000円+消費税
(単純なもの)
50,000円~+消費税
(複雑なもの)
メンテナンス(通常3ヶ月に1回) 5,000円+消費税

当日キャンセルについて

インプラント体を埋入する手術には、専用器材の滅菌・消毒やディスポーザブル(1回のみの使用限定)用具の多数の準備が必要になります。当日にキャンセルされますと、処置を行っていなくても使用できなくなる器材が発生いたします。
その場合、キャンセル料(5,000円+消費税)をいただきますので、ご了承ください。また、事前の予約変更は、予約日の2日前までにご連絡ください。

2018年7月1日現在

インプラントのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 取り外しの必要がない 違和感がない
  • 審美的である
  • 残存している天然歯に影響を与えない
  • 咀嚼力は天然歯と同様 食事の制限がない
  • 発音障害が少ない
  • インプラントが顎の骨に直接力を加えるので、顎の骨がやせるのを防ぐ
  • 治療期間がかかること
  • 外科的な手術が必要なこと
  • 費用がかかること(保険診療ではないため)
  • 定期的なメインテナンスが必要になる

歯科用CT導入!

インプラント インプラント治療には目に見えない部分の分析や精密な検査・技術が必要です。

歯科用CTでの撮影画像をもとに、的確な治療計画を立てることは、安心な治療への第一歩です。

3D(三次元)の立体画像を得られる歯科用CTでは、従来のレントゲンでは見えなかった部分、頬や唇、舌、骨、歯などが立体的に写し出され、内部構造などもリアルに表現されていますので、より正確な精度の高い診断が行えます。

また、X線量もとても少なく安全です。

また、歯科用CTはインプラントのほか、矯正や根管治療、嚢胞、歯周治療、親知らず等、幅広く歯科治療に応用することができ、正確な診査、診断、経過観察により、治療の安全性を高めることが可能になりました。

インプラント治療の流れ

STEP01. CTによる検査

CT撮影・口腔内診察をして、インプラントを埋入する部分の顎の骨の状態やまわりの歯の状態を精査します。

STEP02. カウンセリング

歯が抜け落ちた部分だけでなく、口腔内全体をトータルで考え、噛み合わせの状態などを考慮して、インプラントが適切に行えるかを判断し、手術のプランニングをご提案します。患者さまには、手術の内容、期間、費用などを丁寧にご説明し、ご同意をいただいたうえで手術に進みます。

STEP03. 歯石除去や虫歯・歯周病の治療

インプラント手術の前に、歯石除去や虫歯・歯周病の治療をまず行い、お口の状態を改善します。

STEP04. インプラント手術後の消毒、抜糸

インプラント埋入後、1~2日で消毒をし、約10日後に来院していただき、手術後の経過をみて、抜糸します。

STEP05. 治癒期間

インプラントを埋入したあと、インプラントと骨の結合が得られるのを待ちます。埋入時の状態、上顎、下顎で違いますが、通常3ヶ月~6ヶ月程度です。この期間中は仮の義歯を使用することもあります。

STEP06. アバットメント装着

インプラントの安静期間が過ぎ、骨と生着したことが確認されたら、2次手術と呼ばれる歯肉の整形手術です。歯肉を開いて、人工の歯を取り付けるための部品(アバットメント)を連結し、歯肉からこれを露出させ、歯肉の形を整えます。インプラントに装着する人工歯がスムーズな外形をもって歯肉から萌出しているようにみせるための処置です。

STEP07. 治癒期間

ケースによっては、お口の中の型をとり、あなたにあった仮歯を作製します。仮歯で噛み合わせを調整し、この状態で歯肉が治るまで1~6週間ほど待ちます。

STEP08. 人工歯の作製・装着

歯肉の形態が整った時点で型をとり、色や形を患者さんに合わせて作製します。人工歯をインプラントに装着します。

STEP09. メンテナンスと定期検診

インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには適切なホームケアと定期的なメンテナンスが不可欠です。医師の指導のもと、正しい歯みがきをこころがけてください。また、3か月に1回、定期検診を受け、インプラントの状態を医師に診てもらうようにしてください。

インプラント
  • 星デンタルクリニック、tel:0289-63-4182
  • お問い合わせ・各種相談会